協同組合 大東商工経営センター|大阪府大東市 JR学研都市線住道駅下車すぐ

公認会計士・税理士・社会保険労務士・行政書士事務所(併設)

ビジネス1_ホワイト

HOMEブログ ≫ 消費税10%へ ≫

消費税10%へ

2週間後の10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられます。
 
商品や受けるサービスによって、8%が適用されるものがあり、その中には、外食にあたる場合とあたらない場合で税率がかわるといったものがあります。

例えば、フードーコートやコンビニのイートインコーナーで食べる場合10%、食べる予定で購入をしたが、急きょ持ち帰る場合2%の返金があるのか??
その逆で、持ち帰りのつもりだったが、食べて帰ることにしたら後で2%支払うのか??
 
映画館の売店でポップコーンやホットドッグを買って館内の自分の指定された席で映画を鑑賞しながら食べる。売店では、単に店頭で飲食料品を販売しているものなので、ポップコーンなども軽減税率の適用対象になるという。それは、映画館の座席が飲食のためではなく、鑑賞スペースだからとのこと。
・・・・・納得いくような、いかないような。
 
マクドナルドは、テイクアウトでも店内飲食、デリバリーすべて価格を統一するそうです。消費者側は一部商品の値上げはあるもののどこで食べようとも価格が一緒というわかりやすさ、従業員にとってはイートイン、テイクアウトの確認する手間が省け、お客様とのトラブルも抑えることができ、とても効率が良いと思います。
 
今回の増税によって、事業者にとっては複雑な処理が増え、システムの入れ替えなど、対応に追われ、時間をとられることになりそうです。
 
私見ですが税目の中で唯一消費税は公平なものだと思っています。
(軽減税率の廃止や簡易課税制度の廃止、事業者全ての方が消費税の納税義務者になった場合ですが。)
もっとわかりやすくシンプルな制度で気持ちよく納税したいものです。
 
理事長 井上 貴史
 
 
2019年09月17日 17:00

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2020 (4)

モバイルサイト

協同組合大東商工経営センタースマホサイトQRコード

協同組合大東商工経営センターモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!