協同組合 大東商工経営センター|大阪府大東市 JR学研都市線住道駅下車すぐ

公認会計士・税理士・社会保険労務士・行政書士事務所(併設)

ビジネス1_ホワイト

HOMEブログ ≫ 上級国民 ≫

上級国民

今年、この言葉に該当する方がおこした事件・事故が大きな話題となりました。
 
私の勉強不足かもしれませんが、事故の方は、報道も警察の対応も疑問だらけです。
他の事故と何がどう違うのか。?が飛び交っています。
 
事件の方は、やってはいけないことだとはわかっていますが、ニュースやネットの記事を見れば見るほど、切なくなります。
 
検察側の論告で、「息子からの暴力などについて、専門家に相談するなどの手段を尽くしたとは言えない。」とありました。
ご両親はできる限り息子さんに寄り添い、向き合っていたと思います。
専門家・関係機関への相談は親子関係の悪化を恐れ避けた。それが、手段を尽くしていないと捉えられ、刑が重くなるのであれば、専門家に相談していても同じ結末を迎えてしまっていたら、刑は軽くなっていたのか・・・。
 
そもそもその専門家・機関というところは、相談レベルで出向いてもしっかり支援してくれるか。事が起こらなければ動いてくれない、動かない。そしてこの父親が懸念していたように関係の悪化、もっと悲惨な結末を迎えていたかもしれない。同じような状況で同じように思い、どこにも相談できずにいるご家庭も多くあると思います。
 
この二つの出来事は、私の中でモヤモヤがスッキリしないまま今に至り取り留めのない感じになってしまいましたが、今後同じ類の事件・事故が起きないことを切に願います。
 
2019年12月16日 17:00

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2020 (9)

モバイルサイト

協同組合大東商工経営センタースマホサイトQRコード

協同組合大東商工経営センターモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!