協同組合 大東商工経営センター|大阪府大東市 JR学研都市線住道駅下車すぐ

公認会計士・税理士・社会保険労務士・行政書士事務所(併設)

ビジネス1_ホワイト

HOMEブログ ≫ フラゴナール ≫

フラゴナール

 子供の頃、よく遊んでもらっていた方が居りました。O氏という方なのですが、子供の目から見てもいわゆる「カッコイイ大人」でして、「若大将シリーズ」の加山雄三氏に少し似ている方でした。実際、大学でESSとゴルフ部のキャプテンをしていたそうです。一度、O氏の実家の石川県小松市の方にも行かせていただきました。近所のY君と一緒に白山登山にいっえのですが、用意して頂いた登山が靴が足に合わず、靴擦れを起こしまして頂上直下の山小屋で一泊したにもかかわらず、翌朝のご来光を拝みに行けlなかったのは、今思い出しても心残りです。無理しても行くべきだったなー。
 当時、住んでいた実家の近くにOさんの家(小さいですが、しゃれた平屋)があり、よく遊びに行かせていただきました。狭いながらも居間にかなり大きな絵が飾られておりました。子供の頃のことですので、全く絵画には興味がなかったのですが、この絵だけ妙に印象に残りました。その絵というのが、可愛らしい少女が一心不乱に本を読んでいるという構図でして、実際にその少女がそこにいるかのような雰囲気がありました。
 その後、O氏は転居され、音信は途絶えました。そしてその絵のことも忘れていたのですが、それから20年以上たった後、本屋で「朝日大百科シリーズ」の絵画編(1年間毎週世界の画家を紹介するシリーズ)で偶然その絵を再会しました。フラゴナールという方の絵でした。O氏とのことも思い出され、なつかしさに感動いたしました。ゴッホやセザンヌなど印象派全盛の時代に合って、かなり時代遅れの画家とされていたようですが、本当にいい絵だと思います。もし、自宅に絵を飾るなら、お勧めいたします。
                                                                       N
2020年02月10日 08:20

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2020 (9)

モバイルサイト

協同組合大東商工経営センタースマホサイトQRコード

協同組合大東商工経営センターモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!